Pick up New Release

  • record_academy2021
  • HMM-902655
  • HMM-902370
  • HMM-902686
  • KKC-2528
  • HMM-902671
  • NAGALU-003
  • 20-64628
  • KKC-4258
  • 10-9401BDVD

News & Topics










【ニッサン】ボス注意点
スズキOEM車は全般的に使用部品が安定しておりません。適合表上の品番では取り付かない場合があります。ご了承下さい。

注※ 現行車種につき、形状が変更されている可能性があります。(現車確認)

注1 純正ハンドルの裏側に付いている回転センサーを取り外して、ボスに付け直す作業が必要です。(図6-1)

注2 別売の10mm以上の「ボススペーサー」が必要です。

注3 純正ステアリング上のスイッチでしか操作できない装備及び機能は使用できなくなります。例)マルチモニター、オーディオ類、オートクルーズ、ブレーキアシスト、パドルシフト等の操作、設定ができなくなる。

注4 一部、車側のホーンコンタクトピボットがボス側のコンタクトプレート(真鍮板)を強く押しすぎる車両があります。その場合は取り付けを中止してください。(図1-1)

注6 ASCD装着車には装着できません。(オートクルーズ)

注7 一部の車両で純正ステアリングに付属しているホーンカプラーを途中で切断してホーンボタン用の端子を取り付ける加工が必要です。この場合ASCD装着車はASCD機能が使用できなくなります。(オートクルーズ)また、回転センサーの付いていない車両は、品番612を使用してください。

注8 年式、型式を問わず適合品番が品番602の車両があります。純正ステアリングのウインカーキャンセル部の形状を確認してください。ステアリング側リターンピン=品番602、車両側リターンピン=品番620(図6-3)

注10 VDC装着車には装着できません。(トラクションコントロール)

注11 一部、ホーンカプラーの形状が違う車両があります。純正ホーンカプラーを加工して使用してください。

注12 ステアリングの固定方法が違います。センターシャフト部を確認してください。ナットで固定されている=品番631、ボルトで固定されている=品番632

注13 スパイラルケーブルから出ている配線の位置により品番が異なります。6時方向=品番629、3時方向=品番625

注14 一部、エアバッグカプラーの形状が違う車両には、別売の「Uターンハーネス オス」が必要です。(Uターンハーネス=エアバッグダミーハーネス)

注15 センサーの取り付けネジの本数を確認してください。3本=品番619、4本=品番615

注16 一部、エアバッグ警告灯が、確実に消灯しない車両があります。お取付を中止するか、警告灯の電球を抜く等の必要があります。

注17 一部、ホーンハーネスの形状が異なる車両があります。車体側カプラーの幅が10mm→取り付け可、12.6mm→取り付け不可(適合不可)

注18 他車種と共通適合の為、ご使用になるステアリングによっては、やや車体から遠くなる場合があります。ご了承ください。

注19 ホーンカプラーの色がグレーの場合、品番631を使用してください。

注20 1500台限定のカブリオレは、ホーンカプラーの配線位置が異なります。純正ホーンカプラーを加工して使用してください。

注21 一部、ステアリングシャフト径が細い車両があります。その場合は品番602になります。直径φ17.6=品番601、直径φ15.3=品番602(図6-5)

注23 二段式エアバッグのため、付属品の他に別売の「Uターンハーネス オス」が1本必要です。(Uターンハーネス=エアバッグダミーハーネス)

注24 ボスカバーがスパイラルケーブル(クロックスプリング)に干渉する車両があります。ボスカバーを歪ませて装着するか、ボスカバーを切断して装着してください。

注25 オートクルーズ機能を使用したい場合は、オートクルーズスイッチキット6001を別途ご購入ください。

ボスの適合確認フォーマット

ボス購入注意点




ご希望の商品をクリックして!!
スカイラインGT-R
R32 H1.8~ SRS無R32 H1.8~ オプションSRS有R33 H7.1~ SRS有
R34 H11.1~H14.8 SRS有R35 H19.12~ SRS有

Release Information

クラシック

Pick up Movie